アゴ削りのメリットと方法

半永久的な効果を得ることができます

具体的な方法としては、口内の歯茎の下の一部を切開して下顎のの先端部分であるオトガイという部分の骨を露出させます。
あご骨の両端を削ったり、あご骨の先端部を残した状態で骨切りをして、先端部分を移動させて固定するなどの方法でフェイスラインを整えていきます。
骨自体を改善するため少しの変化でも顔の印象は大きく変えることができる施術で、ボトックスやヒアルロン酸などとは異なり半永久的な効果を得ることができます。
ただし、骨を削ったり切ったりする手術ですのでメリットだけではなく、デメリットやリスクもあります。
アゴの骨を削ったり切ったりするため、アゴ自体の力は弱くなり骨自体ももろくなってしまうというリスクが考えられます。
また、手術のさいに万が一でも神経を傷つけてしまう場合、麻酔などの副作用もあるとされています。
骨を露出させるときには、筋肉などの組織を一度骨から引き剥がす必要があり、皮膚を支えている筋肉が骨から離れることで皮膚のたるみを引き起こしてしまうケースもあります。
また、アゴを削ってしまうことから、修正手術は困難となります。
失敗してしまうと、容姿にコンプレックスが増えてしまうだけではなく、顔面麻痺などの健康被害が引き起こされることも考えられます。
手術後に少しでも違和感を感じた場合には、手術を行った医師に早めに相談することが大切です。

アゴ削りとは半永久的な効果を得ることができますリスクについても十分考えて

アゴ削り : 小木曽クリニック