アゴ削りのメリットと方法

リスクについても十分考えて

アゴ削りとは半永久的な効果を得ることができますリスクについても十分考えて

手術の場合には、メリットだけではなくきちんとリスクについても十分考えて、医師としっかり話し合い納得の上で手術することが大切です。
注意点やリスクのことを考えずに手術してしまうと後々後悔してしまうこともあるため、しっかり事前に知識を得ることが身を守るためにも重要となります。
手術をするときには、全身麻酔をしてから行われます。
手術中には意識や痛みを感じることはないですが、手術後麻酔が切れた後は痛みや痺れを感じます。
ダウンタイムとしては、数日は包帯でアゴを固定する必要があります。
そのため口も開けられず口を動かすこともできないため、できる限り固形物を控えてゼリーやオジヤなどで噛まない食事をしていきます。
その後3?4週かんは腫れが続くことが多く、手術当日は入院することが一般的です。
手術後の痛みは個人差によって異なります。
我慢できる程度であったり、痛み止めを服用しなければ我慢できない、痛みで眠れないというケースもあります。
費用は個人差が多いですが、50?100万円程度が目安となっています。